復習こそ勉強方法の基本

脳科学にのっとった効果的な復習の方法を知ることは、どんな知識でも身につけられる”暗記パン”を手にしたようなものです。どんな分厚い受験参考書や専門書だろうと、怖いものなしです。ただし「学問に王道なし」といわれるように、短期間で身につけられるほど甘くはありません。

なぜ勉強の復習をするのかというと、人間は忘れっぽい動物だからです。
これは、いっけんすると欠点のように見えますが、けっしてそのようなことはありません。むしろ、人が毎日を快適に過ごしていくための戦略であり、メリットともいえます。

もしも毎日遭遇する、すべての出来事を寸分の狂いもなく記憶していたら、140億個もあるといわれる大脳皮質でも数分でパンクしてしまいます。また嫌なことを、そのまま引きずっていたら精神衛生上よくありません。そのため睡眠を挟んで、さまざまな記憶は取捨選択され、薄れていくようにできているわけです。「本当に大事なもの」と脳が判断した記憶だけが残っていきます。

勉強も例外ではありません。脳の特性として、興味のあるもの、印象が強いものは海馬に強烈に訴えかけ、側頭葉の長期記憶の保管庫へと、すみやかに保管されます。受験対策や資格試験の勉強方法でも、できるだけ楽しく、興味をもつことが推奨されるのは、そのためです。楽しく興味をもてる対象にたいしては、それほど復習の回数を増やさなくても、長期記憶となるのです。(「LTP=長期増強」が起こりやすくなるため)

ただ、高校受験や大学センター試験の勉強は、どこも面白いところがないことが多いかもしれません。勉強のやる気はあったとしても、学習内容そのものには、それほど興味がわかないのが現実ではないでしょうか。
そのように興味を持てない対象にたいしては、どうしても復習を何度も繰り返す必要があります。それでこそ、記憶の管制塔である海馬は、ようやく重い腰を上げ、長期記憶として脳内に留めてくれるのです。

復習のやり方とは?

復習とは、一度学んだことを再度学ぶことです。それは、誰でもわかっているでしょう。
多くの人が悩むのは、復習のタイミングや回数、期間ではないでしょうか。そこで、ここでは記憶の原則を示します。ただ、あくまで実験による原理なので、あとはそれを参考にして自分自身で応用していく必要があります。実験と実際の勉強はまったく同じではありませんし、個人個人で記憶力や集中力に違いがあるからです。

復習の方法を考えるさいに、エビングハウスの忘却曲線が、よく引き合いに出されます。これはドイツの心理学者であるヘルマン・エビングハウスが行なった実験による結果です。被験者に無意味な音節を記憶させ、時間が経つにつれて、記憶量がどのように変化していくかを調べたものです。

エビングハウスの忘却曲線

それによると、たったの20分後には、記憶したことの42%を忘れ、1時間後には56%も忘れてしまったという結果がでました。さらに1日たつと74%もの知識が忘却のかなたへ。その後は、1か月先までゆるやかな忘却曲線を描いたそうです。(ちなみに1週間後には77%、1か月後には79%を忘却)

ただ実験で使われた題材は、”無意味な音節”という、まったく理解も論理的思考も伴わない情報です。
ですから実際の試験勉強においては、一度勉強したことは、もうちょっと長持ちすると考えられます。
しかし短時間のうちに、覚えたことを「急激に」忘れてしまうという”人間の脳の特性”は、この実験結果から十分にくみ取れるのではないでしょうか。

エビングハウスの忘却曲線を参考にすると、学習の直後から急激に忘れていくので、学習後はできるだけ早めに復習する方法がよいということになります。学校の授業や予備校の講義だったら、終了後の休み時間に、簡単ではあっても脳内で反芻するだけで、記憶の定着度が違ってきます。たとえ数分であってもです。
ただ休憩時間中はそれほど時間が取れないので、また次の機会に細かい点まで復習する必要があります。

できるだけ、その日のうちに反復しよう

エビングハウスの忘却曲線をもとに、効果的な復習の方法を考えるなら、できるだけ1日以内にもう一度反復することが大切になります。なぜなら実験結果によれば、たった24時間で74%もの記憶が消えてしまうからです。ただし学習の直後にサラッとでも復習することで、とりあえず忘却にたいするストッパーをかけれるので、もう少し長持ちする可能性はあります。

そうはいっても、その日のうちに復習しておくに越したことはありません。
先ほど述べたように休憩時間中の復習は、時間があまり取れないので、込み入った箇所まで目を通せません。そのため、その日のうちに復習の時間を設けるほうが無難です。問題はタイミングです。

その日のうちなら、とくに復習のタイミングにこだわる必要はないというのが私の考えです。
20分後だろうと1時間後であろうと、また3時間後、7時間後であろうと、それほど違いはないのではないでしょうか。そのへんは、各人の生活に合わせて復習する時間を取ればよいと思います。エビングハウスの忘却曲線は、無意味な音節をつかった実験なので、忘れやすくて当然だからです。

実際の受験勉強では理解を伴うので、脳内で「連合や精緻化」(情報どうしが絡み合うということ)が行われ、もう少し長いあいだ覚えていられるものです。つまり、それほど忘却にたいして神経質になる必要はなく、勉強した日に、いつでもよいので、もう一回だけ復習をすればよい、ということになります。

寝る前の復習も効果的です。就寝直前に復習をすれば、そのあと、ほかの情報が脳にそれほど入ってこないので、記憶の干渉を受ける心配がありません。海馬の記憶には容量があり、新しい記憶を詰め込むと、古い不安定な記憶が干渉を受け、けっきょくは両者とも記憶が薄れてしまうという問題点があります。

そう考えると、朝や昼間に勉強したことは、夜寝る前にもう一度復習するのが理にかなっています。
ただ寝る前にこだわることもありません。どの時間帯であれ、その日のうちに復習することに成功すれば、とりあえずは74%もの忘却を阻止できたことになります。

翌日は必ず復習する

さて効果的な復習の方法の第一は、いつでもよいので、その日のうちに反復するということでした。
しかし、それで終わってしまっては、エビングハウスの忘却曲線が示すように、時間の経過とともに、また忘れていってしまいます。

効率的な復習の仕方とは、この忘却の下降線に抵抗して、できるだけ上向きに保とうとする努力にほかなりません。勉強した当日に復習をすれば、とりあえずは忘却をストップできますが、その後も復習というストッパーを継続して掛けていくことが不可欠になります。このへんが「学問に王道なし」といわれる理由でしょう。

さて翌日には、かならず復習の時間を設けます。必ずです。ここを抜かして、1週間後に復習をしてしまうと、かなりの度合いで学んだことを忘れてしまいます。それでは2回の勉強時間が水の泡ともなりかねません。
そこで翌日に、もう一度繰り返します。時間帯は、これも決まっていません。朝でもよいし、昼でも寝る前でもいいのではないでしょうか。とにかく、記憶の整理を行う睡眠をはさんで、もう一度復習することに意味があります。睡眠時間はだいたい6~8時間ですから、そのくらい時間をおけば十分です。

人は寝ているときに、その日学んだことを整理したり吟味したりしています。このとき大脳辺縁系にある扁桃体という部分が、重要度を天秤にかけています。扁桃体は感情と本能を生み出す元となる部分。好き・嫌い、快・不快、役立つか・そうでないかなどの尺度をもって、記憶を取捨選択しています。このときに面白いことや興味のあること、印象深いものは、扁桃体によって重要とみなされ、長期記憶に送られていきます。また何度も繰り返したことも、扁桃体によって重要と判断され、記憶に定着しやすくなります。

このように睡眠中には、記憶の取捨選択と整理整頓が行われています。整理されたあとに、もう一度、復習することに意味があります。そのため睡眠を挟んだ翌日であれば、どのタイミングで復習の時間をとってもよいのです。これで短いあいだに3回繰り返したことになります。人は3回復習すると、その後とりあえず1週間は、記憶を高い水準で保つことができます。記憶のコツとして覚えておきましょう。

この記憶の原則を知らないと、「復習することが大事と聞くから」といって、むやみやたらに復習の時間を取ることにもなりかねません。そうなると、そのぶん勉強の進行が遅れてしまいます。また、同じ情報が短期間のうちに脳内に入ってくると、単調な情報とみなされ、脳はその情報をカットしようとします。つまり、ざるで水をすくうように無駄な勉強時間になってしまう危険があります。復習は、ちょっと記憶が薄れてきたかな、というタイミングで行うのがよいわけです。(忘却度合を察知する脳力をメタ記憶といいます)

まだ記憶が鮮明なうちに復習をすると、単調になってしまい、脳が受け付けないのです。それでは逆効果です。ただし先ほど述べたように、一番初めの学習のさいは別です。はじめて目にする事柄なので新鮮さがあり、直後でも脳は単調と感じないからです。

復習のその後は?

復習を集中的に行うのは、当日と翌日の2日間です。あとは1週間後、2週間後、1か月後、3か月後、半年後というように、間隔を広げていきながら忘却にたいするストッパーをかけていきます。

このときも1か月の復習を終えたあと、1か月ごとに復習したりすると、単調な情報ばかりが入ってくることになり、その勉強時間が無駄になりかねません。記憶量の下降具合が大きくなってきたな、という頃合をみはからって繰り返すことが復習の方法としては大事な点です。

このように考えれば、記憶のメンテナンスは、時間がたつほどに楽になるとは思いませんか?
最初のうちは連続で3回反復する必要がありますが、その後は気が向いたときに、さらっと流し読みで対応できるのです。そのためにも最初の2日間が、復習の方法の肝(きも)になるのです。

復習に終わりはありません。ですから1年後ごとには、最低でもメンテナンスはしたいものです。またインプットだけの記憶はもろいものです。たしかにインプットだけでも記憶として定着するので、何かを読んだときや聞いた時には、すぐに脳が反応して理解できるようにはなるでしょう。自己啓発や生涯学習が目的なら、それでもいいと思います。

でも中学・高校受験、あるいは大学入試、そして弁護士や司法書士、行政書士、医師、看護師、一級建築士、不動産鑑定士などの資格取得をしようと思うなら、アウトプットもできなければなりません。ここが教養としての学習と、結果がもとめられる試験勉強との違いです。

記憶は再生できてこそ、つまり思い出せてこそ意味があります。
それを確認するには、実際に過去問を解いたりしてアウトプットするしかありません。実際に脳から知識を引き出して問題を解くことによって、記憶はより強固なものとなります。意識的な復習によって、知識が一旦長期記憶になれば、その後、いろいろな問題集や模試に挑戦するたびに、それが復習にもなります。そうなると、ますます記憶が強固なものになり、好循環に入っていきます。

医者でいえば医師国家試験に通った時点で、長期記憶化に成功していますが、その後も診察などに活用することによって、さらに記憶は強固になっていきます。大学の教授も、すでに強固な知識を備えていますが、大学の講義で生徒にレクチャーすることでアウトプットするので、さらに記憶が強固になっていくわけです。
一度身につけた記憶も、使わないとさび付くので、身につけた記憶はメンテナンスが欠かせません。

なお通常は、復習によって地を固めるようにして進めていくので、なかなか勉強が先に進んでいかないという問題点があります。しかし短期間で、より多くのことをマスターする方法がひとつだけあります。それは一回に学ぶ量を増やす方法です。たとえば速読術によって、最初に分厚い1冊の本を1~2時間で読むとします。
そして、その日の夜などに、もう一回読みます。翌日も時間を取って再度、読みます。このように、速く読める人は1回に読む量が多くなるので、短期間で多くの知識を身につけていくことができます。

あとがき

勉強には、いろいろな教科があります。数学、英語、国語、社会科、理科などなど・・・。英語の復習は、英単語だけを切り離して「丸暗記」しようとすると、エビングハウスの忘却曲線で示すように、忘却度合が大きくなります。しかし接頭語や接尾語などのルールを意識してみたり、例文と一緒に覚えたり、英文のなかで覚えるようにすると、「連合」や「精緻化」が進み、脳内で神経細胞(ニューロン)どうしのつながりが密になります。そうなると長く忘れにくい記憶になります。このような覚え方をすれば、それほど繰り返さなくても長期記憶にやりやすいメリットがあります。
これは日本史や世界史といった歴史科目でもいっしょです。年号や人名、事件の名称だけを取り出して暗記しようとしても、すぐに忘れてしまいます。でも歴史の流れや外観を意識して、俯瞰するようにイメージすれば、右脳をつかった学習ができるし、多くのシナプスが接合しあうので忘れにくくなります。また数学は論理的思考が要求されるので、忘却曲線の原理をそのまま当てはめることはできません。このように教科によって多少の違いはありますが、反復する重要性に変わりはありません。

復習とともに予習も大切なものです。軽く予習するだけでも、授業や講義が復習の役割も兼ねます。そうすれば授業の当日に、もう一回復習するだけで、合計3回の反復を達成できます。ただ、その場合でも、予習は疑問点を残しながらの学習ですし、軽く勉強しているだけなので、念のために翌日も復習しておいたほうがいいでしょう。予習をすることによって、疑問点を洗い出せるので、授業にたいして、よりいっそう集中できるというメリットがあります。ただし予習と復習は、どちらが大切かというと、それは復習です。勉強は復習をすることによって、記憶と理解が固まるので、先に進めていったときに、よりいっそう理解が進むのです。もし復習をせずに先に進めるだけだったら、なかなか理解できないので勉強がいやになってしまいます。

なお、ある程度知っていることにかんしては、特別な読み方があります。それは重要だと思うところ、「これは知らなかった」という箇所に赤線を引きながら読む方法です。この方法なら、復習のとき、赤線部分だけを読み返せばよいので、復習の時間がうんと短くなります。ただ、ほとんど知識がない分野の本だと、こうはいかないので、全ての文章を読み返す必要があります。