受験生は十分な睡眠をとろう!

受験生は睡眠時間をしっかりと確保することが、何よりも大切になります。
しっかりとブドウ糖を補給し、脳の栄養源を確保することも重要です。このどちらが欠けても、効率的な勉強方法を実践することは不可能になります。
睡眠と栄養は、長い受験期間を支える「縁の下の力持ち」であり、「車の両輪」なのです。

ふつうは睡眠不足になると生理的に眠くなるので、そのまま布団に入りますが、大学受験や仕事で忙しいなど「何かやるべきこと」がある場合、睡眠時間を削ってまで何かに没頭するという手段が取られます。人間の体と脳は、かなり柔軟にできているので、短期間の無理なら、ある程度は耐えられるようになっています。

ただし、そのような無理が慢性的につづくと、心身にさまざまな問題やひずみが発生してきます。
受験生の睡眠時間が不足すると、まず頭が働かなくなります。これは決定的です。そうなると睡眠を削ってまで勉強をしても学習が進むのは一時的で、そのあとに疲れが蓄積し、けっきょくは勉強効率が下がってペースダウンということに・・・。反対に十分な睡眠時間を確保した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 1日中、脳が高いレベルで働くようになる (脳の覚醒
  • 前日に覚えたことが記憶に定着しやすくなる (記憶
  • 蓄積したストレスを解消できる (精神的ストレス
  • 風邪や病気を退けることができる (体の免疫力

受験生が睡眠を十分にとれば当然、脳が休まるので、起床してから就寝するまでの間、脳の機能を高いレベルで維持できます。眠気がないので覚醒レベルが上がり、集中力や思考力が最大になります。その結果、かなり質の高い学習内容となります。また睡眠中には記憶を整理しているので、前日に覚えたことが長期記憶として定着しやすくなるメリットがあります。

そのほか十分な睡眠時間をとれば、受験につきもののストレスを、速やかに解消できます。寝不足になると、受験のストレスを解消できず累積していくことに・・・。そうなると、うつ状態に陥ったり、勉強のやる気が出なくなったり、計画が滞ってきたりします。1日単位で、ストレスを完全に解消することで、心身の疲れがたまらず、充実した受験期間にすることができるのです。

また睡眠をしっかりとれば、体の免疫力が高まるので、よけいな風邪や病気にかかる可能性が低くなります。以上のことから、高校受験や大学受験を目指している受験生は、十分な睡眠時間を取ることが絶対に欠かせないといえるのです。

睡眠時間を削ることはナンセンス

受験生は睡眠時間を削ってまで勉強に没頭することが、「美徳」とされている風潮があります。
しかし、その考えは非常に危険です。夜更かしして夜中に勉強していると、「自分は今、すごく頑張っているな」という気分になるものですが、長期的にみると、こういった勉強方法は何の意味もありません。

「夜遅くまで頑張っているけれど、そのぶん起きる時間が遅い」というのなら、まだわかります。
たとえば夜中の3時まで勉強して、次の日は午前中の10時に起床するというのであれば、7時間の睡眠を確保できています。こういったリズムは、十分な睡眠がとれているので、冒頭で述べたような弊害はありません。たんに夜型のリズムになっているだけであって、睡眠時間それ自体は確保されているからです。

問題は夜遅くまで勉強し、次の朝が早い場合。
たとえば会社勤めのサラリーマンで、資格取得のための勉強をしているケースでは、帰宅してからが、まとまった学習時間となります。そうなると、つい熱中してしまって、気づいたら夜中の1時、2時ということもめずらしくありません。もし朝6時に起床しなければならないとすると、睡眠時間は4時間~5時間ということに。

これでは翌日に、眠気を感じて覚醒レベルが下がります。そうなると、そのような状態で、帰宅後に勉強しなければならなくなります。また記憶の整理も十分行われないので、せっかく学んだことが脳内に定着しにくくなります。心身の疲れやストレスは累積していき、いずれはうつ状態になり、勉強するモチベーションが出てこなくなる危険もあります。体の免疫力が低下して、風邪や感染症にかかりやすくもなります。もし寝込むようなことになったら、それまで夜遅くまで勉強してきた努力は中断され、水の泡ともなりかねません。

脳科学的にいえば、前日学んだことを記憶に定着させるためには、最低でも6時間の睡眠時間が必要といわれています。もし健康を考えるのなら、睡眠時間は7時間はほしいところです。とくに、大学受験を目指している受験生は、成長期にあります。この時期に寝不足状態が慢性的につづくと、成長ホルモンの分泌量が低下し、身長などの体の成長がストップしてしまう危険もあります。ですから若い人はとくに、睡眠時間を削ってまで、夜中に試験勉強をするという考えは改めていきましょう。

勉強時間は、ただ延ばせばいいというものではありません。時間を制限することによって、適度な緊張感が生まれ、短時間でも十分に実りある学習になります。また働いている人は、ちょっとした細切れ時間や移動時間を有効活用することによって、けっこう勉強することができるものです。

受験生は睡眠時間を削る方向で考えるのではなく、そのほかの要らない時間、たとえばテレビをボーッと観ている時間や、酒を飲んでいる時間、ゲームをしている時間を削るようにしましょう。

昼寝や居眠りを活用しよう

受験生の睡眠時間は、最低でも6時間、できれば7時間はとりたいものです。
もちろん、これは平均値であって、ロングスリーパーの人は9時間以上必要になることもありますし、ショートスリーパーの人は5時間以下でも平気だったりします。

要は自分の体に訊いてみて、眠気がない状態にすることこそが大切なのです。
眠気とは、脳が「睡眠を要求している状態」です。お腹が空くということは、血糖値が下がってきたために、体や脳が糖分を求めている信号。それと同じように、眠気があるかどうかが、十分な睡眠を取れているかどうかのバロメーターになります。

さて受験生はできるだけ睡眠時間を確保したほうがいいわけですが、どうしてもそれが出来ないこともあるかと思います。そういったときは昼寝や居眠りを活用していきましょう。ほんの10分から15分程度の居眠りであっても、脳の睡眠物質が分解され、気分がすっきりするものです。誰もが経験していることですね。
中学生や高校生なら、休み時間や昼休みに眠ると効果的です。ずっと自宅で勉強している浪人生やフリーターのかたなら、1時間勉強したら、15分ほどの居眠りタイムをもうけると、眠気を少なくできます。

しかも居眠りすることによって、脳はノンレム睡眠の方向に入っていきますので、シータ波が発生します。
これは記憶を担当している海馬から出てくる脳波で、シータ波が出ると記憶力や集中力が高まることが知られています。ですから1時間集中して勉強したあとに、ちょっと居眠りをすれば、脳が復活するとともに、その後の勉強もはかどるというわけですね。

ただし居眠りには注意点もあります。それは、一度にあまり長時間眠らないということ。
一度に30分以上眠ってしまうと、深いノンレム睡眠(徐波睡眠)に突入してしまい、起きたあとに頭がボーッとしてしまいます。そうなると、すぐに勉強に取り掛かれないということに・・・。

ですから居眠りをする場合は、キッチンタイマーやストップウォッチ、目覚まし時計を利用するといいかもしれませんね。また、昼の3時以降は昼寝をしないことです。3時以降に眠ってしまうと、夜に寝付けなくなる原因になります。これは、蓄積した睡眠物質を浪費してしまうため。夜に寝付けないと、夜更かしして勉強するクセがついてしまったり、夜食をとったりして、リズムがくずれがちになります。
それを未然にふせぐために、「居眠りは3時まで」ということを覚えておきましょう。

居眠りは、睡眠不足を補ってくれる「特効薬」ですが、あくまでも「対症療法」です。
これが慢性的につづくと、やはり脳の機能が落ちてきます。うつ状態になり、勉強のやる気や記憶の定着などにも影響してきます。できるだけ、まとめて十分な睡眠時間を確保することを心がけ、どうしても睡眠不足になったときの「応急手当」として、一時的に居眠りを活用するようにしましょう。