おすすめの勉強場所ってあるの?

おすすめの勉強場所というものは特になく、個人個人によって違ってきます。
静かなところでしか勉強できない人は、自分の勉強部屋や図書館、予備校や進学塾の自習室、レンタルの個室などが適しています。反対に雑然としていたほうが集中できるという人は、リビングや居間、駅前のカフェ(喫茶店)、ファミレス、スタバ(スターバックス)、ドトール、ミスド(ミスタードーナツ)、マック(マクドナルド)などが合っているかもしれません。漫画喫茶やインターネットカフェなら集中できる、という人もいます。

ただし、いずれの勉強場所であっても、長時間、同じところに留まる勉強方法はオススメできません。
最初は学習に集中できても、だんだん質が落ちてきて、「勉強をやっているつもり」になりかねないからです。人間は同じところにずっといると、海馬の場所細胞が鈍ってきます。シータ波が発生しづらくなるのです。そうすると集中力や記憶力が低下してきて、なかなか頭に知識が入ってこなくなります。

それに加えて、同じ勉強場所にずっと同じ姿勢でいると、体の筋肉が硬直してきて、全身の血行が悪くなってきます。そうなると脳への血流量も、おのずと減少することに。脳へ十分な酸素やブドウ糖が供給されなければ、脳の機能が落ちてくるのは当然といえます。

ですから、どこか理想の「ひとつの勉強場所」にこだわるよりも、いろいろな場所をこまめに移動しながら学習したほうが、脳のためにも体のためにもなります。オススメは、生活のなかに自然と溶け込ませる勉強の仕方。たとえばトイレ、食事時、風呂(入浴時)、テレビを観ている時、寝る前、歩いている時、通勤・通学時などなど、すべての時間に勉強を溶け込ませるわけです。

たとえばトイレに座ったときに、前の壁に「覚えるべき英単語や数学の公式、元素記号」を書いた紙を貼っておく。そうすればトイレに行くたびに、それを見ることになるので、「勉強しようという意識がなくても」、しぜんと長期記憶としていくことができます。

食事のときも、そばに苦手な英単語を書いたメモ帳でも、紙切れでも置いておけば、それが目に入ります。
もちろん食事のときは味に集中して楽しむべきですが、そばに英単語を書いた紙の切れ端を置いておくだけで、「勉強という意識がなくても」しぜんと目に飛び込んできます。1単語や2単語でも覚えることができれば、上出来です。風呂に入るときも、濡れないようにビニールでつつむなどして、目に見えるところに置いておけば、同様に自然と目に飛び込んできます。

テレビを観ている時なら、CM時を利用して、英単語を暗記したりできます。通勤・通学時は、まさに絶好の勉強場所ですね。座ってもできますが、立って行なったほうが足の筋肉が刺激されて、脳への血流量が増します。目が疲れたら外の景色も眺められます。

このように日常生活のなかに溶け込ませるようにすれば、勉強場所にこだわる必要はなくなります。どこにいたって、そこが最高の学習環境なのです。このときポイントになるのは、ノートのどこか分からない場所に書いておくのではなく、すぐに見えるところに書いておく、ということ。1枚の紙に書くのがいいですね。教科書やテキスト、受験参考書も、カバンに閉まっておくのではなく、家じゅう、いたるところに置いておくことです。

リビングには英語のテキスト、和室には歴史(日本史や世界史)の教科書、トイレには英単語帳、風呂には元素記号表などなど。オススメは普通のノートの表紙に、苦手なポイントを書くこと。これなら、とくにノートを開かなくても、いやおうなしに苦手項目が目に飛び込んできます。そこに置いておくだけで、食事時やCMのときなど、しぜんと受験勉強に移行できるのです。ノートの表紙というと、きれにしておくというイメージがありますが、表表紙も裏表紙も、いろいろと雑然と書き込んでみるのも面白いですよ。

このように、おすすめの勉強場所といっても、一か所に留まると、海馬からシータ波が発生しづらくなるうえに、体と脳の血行も悪くなります。それよりは頻繁に学習場所を変えながら、その場所特有の勉強をする。
自宅なら張り紙しておけば、しぜんと目に入るし、ノートの表紙に書いておけば、ノートを開くことなく目に飛び込んできます。家のなかだけでも、いろいろな場所があるので、あなただけの「落ち着ける場所」を見つけてみましょう。

ただ注意点としては、その場所でしかできない勉強というものがある、ということ。
たとえば過去問などの問題集を解くためには、電車のつり革につかまっては困難です。これは、やはり机の前に座って、一か所で行うべきでしょう。また机と椅子という、できるだけ本番の試験会場に近い環境で、問題を解く癖をつけるという意味もあります。

また英語のスピーキングや発音の練習は、静かな図書館では、周りの迷惑になるので難しいでしょう。
これは喫茶店やファミレスでも同様です。そのほか歩いているときなどの移動時は、教科書やノートを広げることは難しいので、必然的に1冊のテキストを読んだり、英単語帳を暗記する作業になります。このように場所によって、勉強内容はおのずと変わってきます。

また寝る前の夜は、脳があまり働かないので、論理的思考を要する数学は避け、できるだけ声に出したり、漢字や英単語のスペルの書き取りといった、体を使う勉強が適しています。体を使った方が眠気を追い払えるからです。寝る前に暗記ものをもってくれば、そのあと睡眠に入れるので、記憶の干渉をうけずに脳に定着しやすくなります。このように勉強場所とともに、「時間帯」によっても学習内容がおのずと変わってきます。

あとがき

ネットでは小学生や中学生、あるいは高校生や大学生が勉強場所を探していたりしますね。いまはインターネットの時代。ということは、自宅の勉強部屋にいながら、パソコンのネットにつなぐことによって、いろいろな「場所」を探訪できそうですね。たとえば自宅にいたって、ネットの掲示板に行けば、そこがバーチャルの場所になる。勉強に行き詰ったら、グーグルマップやグーグルアースで、日本中、いや世界中を旅行できる。そのように「バーチャルの世界」で場所を移動できる時代になっています。ストリートビューなら、旅行に行かなくても旅行気分を味わえるまでになっています。

宅浪、浪人生の勉強場所も問題になるようですね。どうしてもこもりがちになり、運動不足の問題が出てきます。この場合、自宅の勉強部屋が多いとは思いますが、たまには気分転換に外出してみましょう。電車のなかや停車した車のなか、静かな公園も面白そうです。公園のベンチに座りながら、太陽の暖かい日差しを浴びつつ学習するのも粋ですね。

社会人の学習場所なら、早朝のオフィスなんかもあります。これなら無料なので、レンタル自習室を借りることもありません。これほど、いい場所もないでしょう。そのほか地域ごとに、理想の勉強場所を求めている人が多くいます。新宿、仙台、東京(都内)、大阪、京都、札幌、広島、梅田、横浜、渋谷、池袋、品川、立川、国分寺・・・。 ちょっとうるさい場所でも、耳栓(最近ではイヤホン)をすれば、すぐに静かな環境、スペースが手に入ります。ただし人は、ちょっと雑音があったほうが集中できるともいわれているので、完全に遮音するのではなく、ある程度聞こえるほうがいいかもしれませんね。