全く勉強しない日があってもいい

受験勉強というと、「毎日、欠かさず学習をする」ということが鉄則のように思われています。
もちろん、勉強が楽しいとか面白い、乗ってきているというのなら、毎日勉強することは有意義なことです。
なにせ、本人が楽しいと感じているのですから、中断する理由がありません。

しかし試験勉強にたいして行き詰ってきたとか、ストレスがたまってきていると感じる人は、1週間に1回くらい、”まったく勉強しない日”を設けてみてはいかがでしょうか?

まったく勉強しないと、勉強が遅れるのでは?と心配になるものですが、いろいろなメリットがあります。

  • 息抜きができ、ストレス解消になる
  • 明日から頑張らないと!という気持ちになる
  • 休日がくるのが楽しみになる
  • 混乱した知識が整理される

まず単純に考えて、楽しいことをして思いっきり遊べば、ストレス解消になります。
受験でストレスをため込むと、どんどん蓄積していき、やがては勉強のモチベーションが下がってしまうことに。それを避けるために、適度なタイミングで息抜きをする必要があります。週1回程度、まったく勉強しない日を設けることが有効な対策になります。

また丸1日、遊びほうけていると、さすがに気持ちが焦ってきて、「明日からは頑張らないと!」という気持ちにもなります。そうなると、翌日は、いやがおうにも机に向かうわけです。

そのほかの効果として、週1回でも”絶対に勉強しない日”をつくることで、その日を楽しみに、毎日の勉強に拍車がかかります。これを外発的動機といいます。ご褒美をもらえると、それにむけて「やる気」が高まるようなものです。1日だけまったく勉強せずに、好きなだけ遊べる日があれば、そのほかの6日間のストレスも耐え忍べます。これはダイエットにも応用できそうですね。

また1日だけ勉強しないことで、かえって脳内が整理されるメリットもあります。
毎日勉強ばかりでは、なかなか詰め込んだ知識を整理する暇がありません。たまには遠出したりして、いろいろなものを見聞きしたほうが、海馬が喜び、シータ波が発生しやすくなる、ということもあります。

心理学の用語に 「カリギュラ効果」 というものがあります。
これは禁止されると、かえってそのことが気になってしまうというもの。「勉強してはいけない」と制限すると、かえって「勉強したくなる」ものです。

小学生や中学生の子供が「勉強しない」「宿題をしない」と、悩んでいる親御さんも多いことでしょう。
そのほか高校生や大学生の子供でも同様です。とくに受験生の場合だと、なおさら心配になるものです。そういった場合は、「勉強しなくてもいいよ」と言うと、自発的に学習するようになるかもしれませんね。

「子供が言うこと聞かない」といって押し付けると、かえって反発を招く。そこで逆転の発想で、「絶対に勉強してはいけない!」と言ってみるわけです。もちろん子供によって反応は異なるので、ケースバイケースですが・・・。試してみる価値はあります。

以上のように、週に1回だけ、「全く勉強しない日を設ける」ことは有効な勉強方法です。
とくに受験期間中はストレスがたまりがちなので、どこかで息抜きが必要です。

ただし注意点としては、だらだらと2日以上休まないこと。
1日だけで切り上げるように、うまくコントロールできることが大前提です。また、やらないと決めた日に、へたに10分とか30分勉強すると上記のようなメリットが得られないので、まったく勉強しないということに、その日は徹しましょう。そうすることで、気持ちにも焦りが生じて、翌日から机に向かえるようになるからです。