メリハリのある学習方法を

受験の学習方法というと、来る日も来る日も、毎日3時間とか5時間とか、あるいは7時間とか勉強しなければならないというイメージがあります。たしかに難関の高校や大学に合格するためには、そのくらいの勉強は必要になります。しかし、人間はロボットではありません。受験計画どおりに進めることも大切ですが、それではストレスばかりが溜まってしまう危険があります。

人間の脳には、単調さを嫌うという特質があります。
同じような流れ、同じようなテンポを感じると、脳は刺激に鈍感になり、眠気やあくびが出てきます。マンネリ化すると、「勉強しているつもり」になって、実際には理解や記憶が進んでいない、ということになりがちです。

こういった落とし穴にはまらないためには、毎日の学習方法を、緩急のあるものにしていくことが欠かせません。たとえば1週間のうち、日曜日だけは、まったく勉強しないと決める。その日だけは思う存分遊んで、ストレスを解消し、明日からの勉強に備えるわけです。このような日を設ければ、その日がやってくるのが楽しみになり、受験勉強に拍車がかかるというメリットがあります。

しかし、なかには全く勉強をしない日を設けると、不安になってしまい、かえってストレスがたまってしまう、という人がいるかもしれません。何かやっていないと落ち着かないわけです。

こういった場合は、学習方法にメリハリというか、緩急をつけるようにします。
たとえば3日くらいは、毎日5時間の受験勉強をする。そして次の日は、少なめにして3時間の学習にとどめる。翌日からは、また3日連続で5時間の勉強をしていく。このリズムの繰り返しです。あくまで一例です。

試験当日まで5時間とか7時間とか、ずっと毎日、「同じ量の時間の勉強」をしていると、しらずうちにストレスや疲れが累積してしまう可能性があります。そこで、うまい具合に緩急のリズムをつけ、ストレスを発散させていくわけです。しかも毎日、かならず勉強は進めていくわけですから、不安感も最小限にできます。”毎日、進んでいるんだ”という充実感と安心感があります。

1週間に1日だけ、まったく勉強しない日を設ける学習方法だと不安という人は、「勉強をつづけながら、同時に休憩もできる」という、この学習方法を採用してみてはいかがでしょうか。3日間連続の「全力の勉強」で単調さと疲れが出てきたところで、「1日だけ、ちょっと緩めた学習」をすれば、マンネリ化を排除できます。すると海馬からシータ波が出やすくなり、集中力や記憶力、勉強のやる気を高める効果を期待できます。