ノートを取らない効果

ノートをとらない勉強の仕方というと、「なんて無謀な・・・」と思うかたがいるかもしれません。しかし、この方法は、記憶力を高める効果を期待できます。

何でも便利になりすぎると、それに甘えてしまい、寄りかかってしまいます。
そうなると本来備えていた能力が退化するものです。どこへ行くのでも車を使い、あまり歩かなくなれば、足の筋肉や骨が退化します。それと同じように、「覚える必要性」がなくなれば、記憶力も低下して当然なのです。

最近ではスマホや携帯が普及したこともあって、何でも写真やビデオに撮ろうという風潮があります。
そうなると、「その場で楽しむ」ということが出来にくくなるような気がします。動画に撮らないと決めれば、自分の脳裏に刻印しなければなりません。それが強烈な思い出になるわけです。

ただ、今まで中学や高校の授業、大学や予備校の講義で、先生や講師の板書をすべて写していた人は、いきなりノートをとらない戦略は無謀かもしれません。そこで最初は、要点だけを書くにとどめてみる。もう少し慣れてくれば、キーワードだけを書く。こうすれば、あなたの脳は高速で回転を始め、記憶力が高まります。

要は「記憶力を発揮する必要性」を意識的に作り出せば、脳のほうも、それに対応して能力を伸ばしてくれるわけですね。脳も筋肉も使えば発達し、使わなければ退化する。どちらも同じです。

この勉強方法は、何も学校の授業だけにかぎりません。仕事で暗記する必要があるときなど、メモをとらないで頭に焼き付けるクセをつける。それだけで記憶力は違ってきます。海馬がシータ波を出すようになるので、たった1回見たり聞いたりしただけでも、強烈に長期記憶として刻印するようになるのです。

何でもスマホの写真に撮ったり、メモしていた人は、これからは自分の頭で覚えるクセをつけると、記憶力のアップが期待できます。ノートをとらない・・・たったこれだけで暗記力は倍増するわけですね。

覚えたはしから、辞書を破って捨てていく」という暗記術がありますが、これも同じ原理です。
一度しか見れないという「緊張感」が、強烈に扁桃体を刺激。すると、そばにある海馬が影響を受け、シータ波を発生させ、LTP(長期増強)を起こしやすくなるのです。一期一会ですね。

実際には、辞書は大切なものですし、破ることはやりすぎだと思いますが、考え方としては納得できるやり方です。ノートをとらない方法は有効ですが、人それぞれですので、もし自分に合っていると感じたら、「徐々に」取り入れていってみてください。