立ったまま勉強する効果とは?

立ったまま勉強するというと、「え~、そんなの疲れるよ」と言うかたがいるかもしれません。受験勉強というと長時間行うのがふつうですから、当然の声かもしれませんね。もちろん、何時間もずっと立っているわけではありません。座ったり立ったりを交互に繰り返せば、疲れはそんなにないはずです。

立ったままの勉強、名付けて「スタンディング勉強法」には、いろいろなメリットがあります。

  • 全身の血行がよくなる
  • その結果、脳の血流もよくなる
  • その場を歩くと、記憶力が倍増する
  • 目が冴える

立ったまま勉強すると、足腰を中心とした筋肉がしぜんと使われます。座ったままだと、こうはいきません。
座った状態だと足の筋肉が弛緩しているので、これが長時間におよぶと、下半身からの静脈血の心臓への還流が鈍ってきます。すると全身の血流が悪くなってきて、脳の働きも低下しかねません。

そこで勉強が疲れてきたなと思ったら、机の前にでも、すっくと立ち上がってみるのです。
たったこれだけで、とくに運動をしなくても、全身の血流が改善されます。運動することは脳のためにいいとはわかっていても、なかなか実行できなかったり、やる暇が取れなかったりします。そういったときは立ったまま勉強してみる。立った状態でテキストや受験参考書を手に取り、黙読する。あるいは音読する。これだけで運動と学習を、いっぺんに実践できてしまいます。

エクササイズの強度を上げたい場合は、片足立ちをしたっていいんです。
そうすると静止しているようでいて、かなりの運動量になります。片足立ちになりながら、英語の教科書を音読したり、歴史の年号を覚えたり・・・。ただ立ちながらだと、立って使う机でもないかぎり、過去問などの問題集を解いたリするのには不向きかもしれません。あくまで黙読や音読に限定されます。

具体的には、まずは椅子に座って勉強を開始します。すると、しばらくすると筋肉が凝り固まってくるため、全身と脳の血行がとどこおってきます。そこで頃合いを見計らって、スッと立ち上がるのです。もちろん勉強は継続です。こうすれば、勉強を中断することなく、体のメンテナンスができます。

そうすると脳への血流量が増えてきて、記憶力、思考力、判断力、読解力などが復活してきます。
さらに勉強部屋のなかを、ゆっくり歩きながらテキストを読めば、海馬にある場所細胞が活性化。するとシータ波という脳波が優位になって、記憶力が倍増するというメリットが得られます。ただし、歩きながらだと振動があるので、本を読みづらいという人がいるかもしれません。

そこで静止して立ったままのときは、テキストなどを黙読したり音読する。そして、ゆっくり歩きながらのときは英単語や、日本史・世界史の年号や人名を暗記する。このように使い分けるといいと思います。

これは外出時でも同様です。電車に乗るときも、できるだけ座席に座らずに立ったままのほうが、脳の血流がよくなり勉強効率がアップします。ただ通勤や通学の電車のなかだと、立ったままとはいえ、けっこう振動があったりします。その結果、目が疲れるという人は、英単語などの暗記に切り替えたり、音声教材を聴くのでもよいでしょう。自分であらかじめ吹き込んでおいた音声を、携帯やスマホでヒアリングするのも効果的な勉強方法です。

立ったまま勉強することには、眠気を追い払う効果もあります。
とくに昼の2時や3時といった、眠くなる時間帯。あるいは夜の勉強のとき。こういった時間帯は、机の前に座って学習すると、睡魔がおそってきたり、集中力がとぎれがちになります。そこで、すっくと立ち上がってみる。
それだけで足の筋肉が使われ、心臓へと勢いよく血液がもどっていきます。当然、脳の血行もよくなります。
そうなれば眠気が吹き飛ぶ、というわけです。

よっぽど眠気がある場合は、思い切って睡眠をとったほうがいいことは言うまでもありません。ただ、どうしても受験勉強や、中間・期末テストの追い込みの学習をしなければならないようなときは、立ったままとか、あるいはその場で足踏みしながらとか、部屋を歩きながら勉強すれば、眠気を簡単に追い払うことができます。

勉強時間中、ずっと立ったままだと疲れてくるので、座ったり立ったりを交互に繰り返すと、メリハリができて、しかもストレスの解消にもなるのでオススメです。