歩きながら暗記してみよう!

通勤・通学時に歩く時間があるかと思いますが、そういった時間を「暗記タイム」として有効活用しましょう。
歩いているとき、つまりウォーキングしている最中というのは、暗記の絶好の時間帯です。

同じ有酸素運動の仲間には、軽めのジョギングやサイクリング、水泳、ステップ運動、エアロバイク、ダンスなどがあります。しかし、両手がふさがっていたり、体が上下に振動したりするので、「何かを読みながら」ということは難しいものです。

その点ふつうに道を歩いているときは、片手くらいは空いているものですし、上下の振動もそれほどありません。人は運動をすると、全身の血行がよくなります。それにともなって脳の血行もよくなって、脳の機能が高まった状態にあります。

このことも歩きながらの暗記が有効な理由のひとつですが、それだけではありません。
人は運動時や場所を移動しているときには、記憶の中枢である海馬から「シータ波」という脳波が出てきます。この脳波が出ているときは、脳が最高の記憶力を発揮できる時。これを逃す手はありません。

屋外を歩きながら英単語や歴史の年号などを覚えましょう。
たとえば信号が赤になって立ち止まっているときに、すばやく英単語帳に目を走らせます。赤になっている短い時間だけで脳に焼き付けるのです。これが適度な緊張感となり、感情を司る扁桃体に、よい刺激が与えられます。このことも海馬を活性化させ、シータ波を発生させる一助となるのです。

そして信号が青になったら、英単語帳から目を離して、向こうに渡りきるまで脳内で反復します。このように時間を限定したほうが、「締め切り効果」が働き、より集中力がアップするのです。

そのほか、あの電柱まで、見ないで反復しようとか、あの店までやろうなど、いくらでもアイデアはわいてきますね。もちろん、そのように時間を限定せずに、歩いている間中、適当に単語帳を見ながら学習してもOKです。目が疲れてきたら、遠くを眺めたり、目を強くパチパチとまばたきしたりして目を休めましょう。そして、また暗記にトライ!・・・この繰り返しですね。

とにかく歩いている時というのは、脳内の血流がよくなるうえに、海馬からシータ(θ)波が発生するので、記憶の絶好の機会なのです。この方法で効果が実感できれば、自宅にいるときでも勉強部屋のなかをグルグルと歩き回りながら、覚えにくいものを暗記するのもいいかもしれませんね。