受験対策に役立つ指南書

中学受験や高校受験、大学センター試験を目指している学生、そして難関の資格取得を目指している社会人のかたに役立つ 「受験対策の極意書」 をご紹介します。どのレベルの受験にでも、また、どんな種類の資格試験にでも通用する”共通した方法論”であり、効果的な学習の進め方が記されています。

当サイトでも、数多くの効率的な勉強方法をご紹介しています。
しかし、このページに掲載している「受験対策のマニュアル」は、プロの観点から、"さらに具体的な試験対策"のエッセンスが記述されています。試験当日まで、あと1年しかないという人に、ぜひオススメします。

また最終試験まで、まだ余裕があるというかたも、このページでご紹介しているマニュアルを参考に、日々の学習を進めていけば、「質の高い、無理のない受験勉強」が可能になります。そうなれば、ストレスの少ない毎日を送れますし、余暇ができたぶん、好きな趣味にも時間を割けるようになるに違いありません。

もしも試験日まで、あと半年とか3か月とかいう緊急の場合は、速読法も同時にマスターすれば、たとえ短期間でも試験を突破できる可能性が高まります。ぜひ、このページでご紹介している「受験対策マニュアル」を、あなたの目標達成のためにお役立てください。

当サイトの管理人がオススメする受験対策の教材を、1位から順番に、ランキング形式でご紹介します。

 【1位】 試験合格プロジェクトを成功させる方法

大学受験を目指している高校生や浪人生、あるいは資格取得を目指している社会人のかたにオススメの受験対策マニュアルです。高校受験を目指している中学生には、ちょっとむずかしいかもしれません。高校生以上のかたにオススメします。

プロジェクトマネジメント理論」を使えば、無理無駄なく最短距離で、狙った大学や資格試験に、高い確率で合格できます。

このマニュアルを作成している松平氏は法律学者であり、この受験対策法を駆使して、東大法学部に合格したり、そのほかシステムアナリストやプロジェクトマネージャー、システム監査技術者、個人情報保護士、ITコーディネーター、国連英検A級、JAVAプログラミング能力検定、C言語プログラミング、エスペラント語検定など、そのほかにも多くの資格試験に合格されています。(ページに合格証書が掲載されています)
また名門進学塾や予備校講師の経験も積まれているので、人に教えることに長けています。

目標の試験を確実に突破できる受験対策」のほかに、以下のことも教えてくれます。

  • 問題を読まなくても正解を選べる裏技
  • 字数制限のある記述問題で正解を得る裏技
  • 論文問題で高得点を得る裏技
  • 数学の学習の順序と、効果的な勉強法

1つ目の「問題を読まなくても~」のところは、ある年のセンター試験の国語の問題において、この解法テクニックを使っただけで、6割も正答した生徒さんもいたそうです。内容がわからなくても、ここまで点数が取れるわけですね。そのほか付録として、「法律系科目の勉強法」と「専門家の読書術・速読術」が付いてきます。

著者の松平氏は、東大法学部で法律の勉強をしたあと、東大大学院で法学修士号を取得。法律学者としての顔も持っているかたです。そのかた直伝の法律講義も受けられるわけですね。もちろん「プロジェクトマネジメント」理論は、すべての大学受験、資格試験に役立ちますので、誰にとっても役立つ内容となっています。

 【2位】 左脳型速読術

なかなか受験参考書が進んでいかないと悩んでいるかたは、読むスピードをアップさせる「左脳型速読術」を学んでみてはいかがでしょうか。

イメージを活用した、フォトリーディングなどの右脳型速読法だと、理解力や記憶力を犠牲にしてまで速く読もうとします。しかし、この左脳型速読法であれば、内容をしっかりと理解しながら速読ができるので、覚えたことを忘れにくくなります。

監修者の松平さんは、この速読法を活用して、さまざまな資格を取得されています。
たとえば法学士、法学修士、プロジェクトマネージャ、システムアナリスト、エスペラント語検定、数学能力検定D級(最上級・大学教養水準)、世界史能力検定1級、日本史能力検定1級、システム監査技術者、個人情報保護士、国連英検A級、C言語プログラミング能力検定、Javaプログラミング能力検定などなど・・・。

これほどの威力をもっている左脳速読法を、ぜひ、あなたの受験対策にお役立てください。
1位の「試験合格プロジェクト」との併用がオススメです。

 【3位】 武田塾 逆転教育法DVD

監修者の林さんによれば、じつは「学校の授業」にこそ、成績アップや偏差値アップの基本があるといいます。そこで「逆転教育法DVD」では、自宅学習の仕方や暗記方法、授業内容を効果的に復習する方法を徹底的にレクチャーしてくれています。

林さんの勉強方法で頑張れば、たった1週間で1000個の英単語を暗記できるそうです。
小学生が国語・算数・社会・理科などの家庭学習をするさいにも、知っておいた方が勉強の質がアップします。中学生や高校生で、部活動が忙しく、勉強時間があまり取れないかたにもオススメです。

授業や教科書をまずは徹底的にマスターする。それなくして、いくら進学塾や受験予備校に通ったとしても、根無し草であり砂上の楼閣です。中学受験や高校受験のお子さんはもちろん、大学受験を目指す現役高校生や、一浪や二浪している浪人生にも役立つ、逆転発想の勉強の仕方DVDです。

そのほかの勉強法マニュアル

あとがき

さまざまな入学試験や資格試験を突破するために、用意周到に受験対策を練るわけですが、関門を突破するための試験やテストには、じつにさまざまな形態があります。まず学生なら中学受験や高校受験、国公立や私立の大学受験。大学センター試験を受けるのとそうでないのとでは、また試験対策が違ってきます。
受ける学校のレベルもまちまちです。偏差値が低いものから高いものまであります。東大(東京大学)や京大(京都大)、慶大(慶応)、早大(早稲田)、一橋は難関大学として知られています。そのほか中央、同志社、関西学院、立教、同志社、明治、学習院、青山学院、東京理科などなど、たくさんあります。また医学部や法学部を受験したいといったように、専門の道を志すこともあります。また中間一貫校に合格できれば、入試は一回で済むのでいいですね。そのほかロースクールのための受験対策や、面接試験対策などもあります。

大学別に受験対策を練るには、やはりそれに特化した過去問(過去に出題された予想問題集)を研究し、何度も解いて慣れることです。赤本が有名ですね。初めのほうには「傾向と対策」が掲載されているので、熟読し、できれば過去数年分をやってみることが大事になります。さまざまな受験対策シリーズやテキストが書店で販売されているので、じっくり比較検討し、最高の参考書を選びたいものです。また、最近では幼稚園の段階から、国立や私立の小学校の「お受験」を始める人たちも増えています。

こういった、いわゆる「学生」がうける入学試験のほかに、資格取得を目指す試験もあります。社会人になってから取得するとなると、やはり時間の使いかたなど、受験対策にも工夫が必要になります。資格試験には、たとえば看護学校、精神保健福祉士、助産師学校、準看護学校、社会福祉士、看護医療、栄養管理士、介護福祉士、助産師などが女性に人気があったりします。キャリアアップや転職、就職に有利にするために資格は持っていたほうがいいですし、独立もできたりします。収入が安定している職種もあります。資格試験にはそのほかに、ケアマネージャー、RCCM、PMP、秘書検定、電験2種・3種、簿記検定、建築設備士、認知症ケア専門士などもあります。

独学で資格試験に合格するには、賢明な自己管理と、脳科学にのっとった勉強方法が不可欠です。適当に受験参考書を買ってきて、適当に進めていては、試験当日がやってきたときに、まだ終わっていないということになる危険があります。このページでは弁護士を目指す司法試験に役立つマニュアルもご紹介しています。弁護士といえば、それに関連したものとして司法書士、行政書士、弁理士、税理士、一級建築士、不動産鑑定士、公認会計士、社会保険労務士(社労士)などが、どんどん連想されます。なかには中小企業診断士を受ける人もいれば、国家公務員試験、地方公務員試験を受験する人もいることでしょう。

教員採用試験や医師国家試験、薬剤師、通訳、ITパスポートなどなど多くの試験がありますが、1回でも何かの試験を突破してしまうと、その受験対策の方法や勉強法を使って、また別の資格試験に適用することができます。たまに、「よく、これだけの数の資格を取得したなぁ」という人を見かけますが、受験対策の方法を身につけているために、ほかの試験も比較的に容易に突破できるわけですね。いわゆる手続き記憶(方法記憶)を使っているわけです。

受験対策には、脳科学による勉強方法の基本を知る必要がありますが、そのほかに優秀な参考書や教科書、そして手引きをしてくれるような家庭教師、予備校(駿台、代々木ゼミナール、河合塾、東進ハイスクール)、Z会、進研ゼミ、講師陣・・・こういった手助けが必要です。もし独学で、自宅で一人頑張るなら、このページで紹介しているようなマニュアルも役立つはずです。