高校受験の勉強に役立つマニュアル

高校受験の勉強は、中学生の学習ということもあり、大学受験ほど過酷なものではありません。科目も私立の場合だと、国語・数学・英語の3教科だけで受験できたりします。(公立だと社会科や理科も加わります)

しかし、なにぶん、まだ中学生の時期は遊びたい盛り。また部活に専念したいのに、高校受験の勉強のために休部や退部を余儀なくされることが大半です。でも、もしここに、高校入試に合格するための「効率的な勉強方法」があったとしたら?毎日、短時間の学習で試験対策ができるので、好きな部活もやめずに済みます。ゲームや漫画も、とくに制限する必要もなくなります。ストレスが減るので、精神的に穏やかになります。

高校受験を目指すお子さんをもつ親御さんは、なにかと心配、不安でいっぱいでしょう。
受験対策として、明光義塾、河合塾などの進学塾に入れたり、家庭教師を付けたり、あるいは進研ゼミなどの通信教育を受けたり・・・。しかし、思ったように学校の成績が伸びず、中間・期末テストの成績もアップしない・・・。

そういったお子さんをもつ親御さんにこそ、このページでご紹介している高校受験対策のマニュアルやDVDをご覧になっていただきたいと思います。

独学でも合格できる子供もいますが、ごくわずかです。
大半の子供は「ほんのちょっとした後押し」が必要です。勉強法のコツを知っているか知らないか・・・これが高校受験を突破できるかどうかの明暗を分けるのです。

一度身につけたノウハウは、当面の高校入試だけにとどまりません。
その後の大学受験や優良企業への就職へとつながっていきます。高校受験の必勝法を、いまここで身につけておけば、それは大学センター試験の突破や昇進試験、将来の資格試験対策にも使えるということです。

ここでは高校受験の勉強に役立つマニュアルやDVDを、ご紹介します。

高校受験勉強法マニュアルDVD

今現在、たとえ偏差値が30や40の中学生でも、第一志望校や難関の高校に合格するための力をつけられるマニュアルDVDです。

間違った勉強法でいくら努力しても、それは合格に直接結びつくという保証はありません。
そこで、まずは正しい試験対策の方法を知る必要があります。このマニュアルでは、基本的な勉強の方法はもちろん、長く忘れない記憶術も教えてくれるので、歴史(日本史や世界史)の年号や人名の暗記、英単語や熟語、連語の記憶もスイスイ進むようになります。

リンク先のサイトでは、作成者の大平さんとプロボーラーの山本幸治さんとの対談動画が観れます。
どのような人が作っているマニュアルDVDなのか、一度ご覧くださいね。

いつも80点や90点、100点満点を取っている、学校の成績がいい中学生もいれば、どれだけ努力しても、30点や40点、50点しか取れない中学生もいます。それは、けっして「頭が悪い」からではありません。一言でいえば、”勉強の能率が悪い”のです。

正しい勉強方法を知らないだけなのです。けっして「劣等生」などど卑下する必要はありません。
そこさえクリアしてしまえば、一気に学校の成績が上がり、模試(模擬試験)の判定結果も上昇していくことでしょう。そして最終の本番の試験で、全力を出し切り、みごとに合格を勝ち取れるに違いありません。

そのほかの勉強法マニュアル

あとがき

東京などには、偏差値の高い高校がたくさんあります。開成高校、筑波大学付属、灘、お茶の水女子、筑波大学付属、成蹊、慶応義塾女子、桐朋高校、城北、中央大学付属・杉並、海城、青山学院高等部などなど。東京都のほかには静岡県や愛知県、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、長野県、北海道、九州、四国、岡山県、奈良県、茨城県などにも有名な難関高校は、たくさんあります。

偏差値が、たとえ30や40であっても意気消沈する必要はありません。中学生の体はまだ成長期にあり、とうぜん体の一部である脳も発達段階です。大学生や社会人に比べれば、まだ脳に柔軟性があるのです。ですから、たとえ知能指数(IQ)が低いのでは?と心配している人でも、また中間テストや期末テストで、いつもビリや赤点の人でも、正しい「高校受験の勉強法」を知ることにより、冒頭に挙げた難関の高校に合格できる可能性があります。要は効率的な受験勉強法と、それに沿った努力です。それさえあれば、地域で一番偏差値の高い公立高校にも、堂々と合格できる力がつくことでしょう。

高校受験の勉強で、もっとも気を付けるべきは直前になって焦ることです。これでは、いくら素晴らしいノウハウがあったとしても対応しきれません。いつから勉強したらいいかという質問が多いですが、やはり、できれば中1から受験を視野に入れ、中2や中3では、もうはじめていることが理想です。いずれにしても早期対処こそ最高の勉強法であり、受験計画をしっかり立てて、それに沿って進めていくことがもっとも無難です。勉強時間に関しては長ければいいということはありません。やはり効率的な学習ということが大切であり、集中力です。そうすれば毎日を楽しくすごせますし、内申書(内申点)もよくなり、最後の試験に落ちたとかいって失敗することもないでしょう。

いまはネット全盛の時代なので、高校受験のブログで、さまざまなドラマがつづられています。どんな問題集を選ぶといいとか、受験当日の注意事項だとか、いろいろなアドバイスが書かれています。独学で、そういったサイトや掲示板、2ch、本などを参考にするのでもいいでしょうし、明光義塾やZ会、ベネッセの進研ゼミ、高校受験スタディ、○○パスナビ、○○ラボ、早稲田アカデミーといった機関の力を借りるのでもよいでしょう。ただ、こういったものに頼り切って、それで「勉強しているつもり」になるとしたら、デメリットしかありません。やはり勉強内容を身につけるには、復習こそが王道です。ですから独学でも高校受験の勉強をやり通す人は、復習の大切さが分かっている人なのです。

どの受験参考書や問題集をつかったらいいか分からないという人がいますが、けっきょくは書店にいって自分に合うものを選びましょう。もちろん合格体験記などに記されている、おすすめの参考書に耳を傾ける姿勢も大事ですが・・・・。赤本などの過去問は、どれも大差はないので、とりあえずやってみることも大事です。夏休みや冬休み、春休みは、成績アップのチャンスです。しっかりノルマを決めて、基本を総ざらいしましょう。欲張ると失敗するので、無理なく適度な量をこなすことです。そういった「一人になったとき」に、「高校受験の勉強の仕方、やり方」が役立ちます。ただ漫然と教科書を読んだり、問題を解くのか・・・。それとも効率的な脳科学を知ったうえで、勉強するのか。これが長い目で見たときに、大きな差を生んでいきます。