大学受験の国語の勉強法

大学受験の国語勉強法といっても、高校受験と、そう変わるものではありません。
ようは日本語の能力を問うわけですから、難しく考えなくてもよいのです。母国語の文章をしっかりと理解・把握しさえすれば、設問には確実に答えられるようにできています。その作業を「スピーディーに」、また落とし穴にはまることなく「注意深く」読み進めていけばいいだけです。あとは古文と漢文、漢字を攻略することで、大学センター試験をはじめとした大学入試は攻略できます。

国語の能力というものは、一朝一夕に身に付くものではありません。
できれば中学・高校時代から力を養っておきたいものです。具体的にいうと、学校の国語の教科書を何度も熟読すること、それから、いろいろな本を読破することですね。できれば学術的な書籍よりも、情景が思い浮かぶような「小説」がいいです。歴史小説を読むと、日本史や世界史の勉強にもなります。

読解力が高まると、当然のことながら数学や社会科、理科等の成績にも好影響を与えます。これらの教科も日本語で書かれているうえに、論理的に構成されているからです。心理学の用語に、学習の転移というものがあります。これは、一つの科目を極めることで、ほかの教科の成績もアップしていくという波及効果です。
どの教科にでも起こりうる現象ですが、国語こそが、学習の転移効果があらわれやすい「第一候補」といってよいでしょう。

さて大学受験の国語、なかでも現代文においては、筆者の言いたいことを、いち早く理解する能力が求められます。試験には時間制限があるので、たんに理解するだけではなく、すばやく把握する必要があるわけです。そのため、できれば速読の能力を身に着けておいたほうが有利になります。速読のトレーニングを、高1のころから、おそくとも高2のころから始めておけば、大学センター試験の会場でも、落ち着いて問題を解けるに違いありません。

国語の文章を読んでいるとき、意味が通らない部分があっても、とりあえず最後まで読み切ってしまうことです。わからないからといって、そこで止まっていると、どんどん時間がたってしまいます。それでは、とくに大学センター試験の場合、マークシート方式という簡略化された方式とはいえ、時間切れとなり、致命的になってしまいます。

設問に目を通すことで理解できる場合もあるので、ざっと設問を見てみるのもいいですね。
消去法をつかうと、絞っていくことができるものです。問題を作った人の気持ちになって、「自分だったら、こういった問題をつくる」という観点から、考えてみてもいいですね。大学受験の国語に限らず、現代文というものは、筆者の気持ちになって、その考えを理解しようと歩み寄る労作業です。思いやりといってもいいかもしれません。

このように、筆者の気持ちになるということは、よく行われていますが、問題文を作った人の気持ちになろうとしてみる人は、あまりいないのではないでしょうか。この両者の気持ちになって問題文を読み、設問を考えていくことが、受験攻略の秘訣です。

大学受験の国語では、古文や漢文を解いてから現代文に取り組むという流れが定石です。
しかし、かならずしもこの流れに従う必要はありません。難しいと思ったら、どんどん飛ばして、かんたんなものから取り掛かっていかないと、とくに大学センター試験の場合、時間切れとなってしまいます。スピードの勝負になってくるので、日ごろから読書の習慣をつけて、読解力や集中力、忍耐力をきたえておくことが肝心になります。付け焼刃ではダメということですね。

それと同時に、過去問などの問題集にも取り組み、時間配分には十分に慣れておくことが重要です。
毎日、読書をするとともに、たくさんの過去問に挑んで慣れておくことが、大学受験の国語を攻略する2つの柱となります。

あとがき

大学受験の国語が苦手だ、という人がいます。そういう人は、自分が好きな本でいいので、今日から読書を始めてみてはいかがでしょうか。つまり「受験」以前に、まずは「活字に慣れる」ということです。とくに気張る必要はなく、雑誌でもいいですし、好きな人のブログでもよいのです。どこかのサイトでもよいでしょう。現代文といっても、活字の集合体であり、ブログやサイト、雑誌といっしょのはずです。ただ、ちょっとわかりづらい文章が、あえて選ばれているだけです。東進ハイスクールの予備校講師である林先生は、テレビで、国語は作者の気持ちになって考えること、といった趣旨のことを述べていました。

日ごろから、とにかく読書をしていきましょう。そうすれば、しらずしらずのうちに読解力、理解力はついてきます。そうなると作文の能力、つまり文章作成能力も向上していきます。大学受験の国語のために塾や予備校は必要かというと、そんなに必要ではないと思います。塾に行ったからといって一朝一夕に向上する教科ではないのです。予備校などで教わるのは、おそらく漢字や古文、漢文の分法や用法、いいまわしなどではないでしょうか。またセンター試験での、効率的な設問の解き方、コツといったものだと思います。

こと読解力にかんしては、自宅や通学中の読書という、自分ひとりでの努力しかないのです。人が教えられる部分と、そうでない部分があることを知る必要があります。これをボクシングに例えてみると、テクニックなどはトレーナーが教えることができますが、スタミナ養成は自分で頑張る必要があります。黙々とロードワークをすることがスタミナ養成の基本です。

使う参考書や問題集は、自分に合ったものを選ぶことが大切です。一つの受験参考書や問題集を繰り返すよりも、大学受験の国語では、できるだけ多くの問題に接することが重要ではないでしょうか。そのようにして「免疫」をつけておくわけですね。そうすれば、どんな難問がきてもあわてずにすみます。

最後に現代文にかんして付け加えれば、読書はインプットです。あと必要なのはアウトプットです。インプットだけでも読解力は向上しますが、できれば手書きで日記を書いたり、ブログに書く習慣をつけてみてはいかがでしょうか。書くときには、いろいろ考えますし、論理的に文章を組み立てていこうとします。この経験が、文章を書いた作者の気持ちになるときに役立つのです。